佐世保片付け110番の「諫早市で粗大ゴミを格安で処分する方法」のページです。
※平成28年10月1日現在

諫早市内在住の方に向けて、諫早市で粗大ゴミを格安で処分する方法に関して記載しています。

平成28年10月1日時点で実際に市役所に電話してみた内容です。
参考にしてみてください。

ヒアリング先:諫早市役所 市民生活環境部 環境政策課
諫早市ホームページ:http://www.city.isahaya.nagasaki.jp/
〒854-8601 
長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・ 本館5階)
電話:0957-22-1500(環境政策課)

諫早市においての粗大ゴミとは?

指定袋に入らないもので、長尺もの以外のものです。

Q どのような処分方法がありますか?

A 処分方法は2通りあります。
1、持込み
2、「粗大ごみ」の日にごみ集積所にて回収(月1回)

Q 処分不可能なものはありますか?

A 下記のようなものは、諫早市では処分できません。

タイヤ、バイク、バッテリー、自動車の部品等  
農機具、太陽熱温水器
ガスボンベ、農薬・消毒薬の容器、廃油
中身の入っている缶・びん、
家電リサイクル法対象機器(エアコン、テレビ(液晶・プラズマ含む)、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)、
パソコン
浴槽(FRP、ピアノ、製等)
消火器
その他処理困難なものなど

Q 持込みの場合は、どうすれば良いですか?

A 下記注意事項をご確認の上、各受入施設へお持込ください。

持ち込む際の注意事項

【可燃性ごみ】
施設では、ごみを積んだ状態(来た時)とごみ投入後(帰る時)の2回、車両ごとに自動計量システムで計量します。
その重量の差によって「ごみ処理手数料」が決定します。

 ※直接持ち込む場合はごみ搬入量(重量)に対してごみ処理手数料が掛かりますので、「指定ごみ袋」に入れる必要はありません。
  なお、「指定ごみ袋」に入っていたとしても料金が発生します。

 ※プラットホームでは係員(誘導員、検査員)の指示に従い、各自の責任でごみを降ろしてください。

【不燃性ごみ】
諫早市の指定袋で搬入されても別に処理手数料を徴収されます。

受入施設

※ごみの種類によって、持ち込める施設が異なります。
《可燃性ごみ》

施設名 住所/連絡先 受入時間
県央県南クリーンセンター 諫早市福田町1250番地

0957-35-8200

(月曜日~土曜日)
各日8:30~16:00
(土曜日)8:30~12:00
日曜日、年末年始は休業日

《不燃性ごみ》

施設名 住所/連絡先 受入時間
県央不燃物再生センター 諫早市小豆崎町89番地4

0957-23-3892

(月~金曜日)
各日8:30~12:00/13:00~16:30
(第2・4・5土曜日)8:30~11:30
(第1・3土曜日、日曜日、年末年始)休み

Q 何点まで持ち込み可能でしょうか?

A 特に個数の制限はありませんが、寸法によっては制限があります。

【可燃性ごみ】
持込寸法制限として、粗大ごみは2m×1m×0.6m以内、また、角材や樹木等は直径25cm、長さ2m以内(これより大きなものについては、持ち込めませんのでご自身での切断・解体が必要です。)などの一部受入条件があります。

持ち込み処分の場合の料金相場


100㎏までごとに 410円

Q 戸別収集の場合はどうしたら良いですか?

A 諫早市では戸別回収は行っていないそうです。

諫早市(行政)に依頼した時のメリット・デメリット

諫早市で粗大ごみを無料または格安で処分する方法として、行政が行っている『持込み』『“粗大ごみ”の日にごみ集積場所にて回収』という2つの方法があります。

ただこの2つの方法、メリットも大きいのですが、デメリットもあるんです。
諫早市(行政)に頼んだ場合のメリットとデメリットをまとめたので、確認してみてください。

メリット

  1. なんといっても料金が安い
  2. 正規の回収なのでトラブルの可能性が皆無

なんといっても料金が安い

粗大ごみの量や種類にもよりますが、行政サービスによる粗大ごみ処理は、民間の不用品回収サービスに比べて費用を安く抑えることができます。

持込みの場合、重量での回収なので、処分品の重量が軽ければ軽いほど処分代は安く抑えることができます。

※100kgまでごとに410円(1㎏あたり 4.1円)
※個数に関係なく処分ができます。

正規の回収なのでトラブルの可能性が皆無

最も安心でトラブルの可能性が少ないのも行政処分の大きなメリットです。

悪質な回収業者に処分をお願いしてしまった場合、不法投棄などのトラブルにまきこまれ、罰を受けることもあります。

行政での処分は、正規の処分方法であるため安心安全です。

デメリット

  1. 指定場所まで自分で運び出さなければならない
  2. 戸別回収は行っていない
  3. 買い取りはしてくれない

すでにサービスが変わっている場合もありますが、行政における粗大ごみ処理には、上記のようなデメリットがあります。

指定場所まで自分で運び出さなければならない

粗大ごみを自分で指定場所まで運びださねばなりません。
重たい物や解体しなければ運びだせないような物を処分する時にとても困ってしまいますよね。

戸別回収は行っていない

自分で受入施設に持ち込めない場合、【通常の「粗大ごみ」の日に出す】しかありません。

「粗大ごみ」の日に出す場合は、月1回の収集と決まっているため、日時の指定が出来ず、引っ越しなどで大量に処分品が出る際には難しい処分方法だといえます。

買い取りはしてくれない

行政のメリットとして「安い」ことをあげましたが、買い取りができる物の場合には、業者に頼む方が安くなる場合もあります。

民間業者に頼んだ方が良い場合もある

  • 日時が合わない
  • 重たくて運び出しが出来ない
  • 量が多くて1度に全て処分できない
  • 買い取りもして欲しい

というような場合は、行政での処分方法は適していないので、業者に頼むことを検討してみると良いと思います。